2021.07.30カテゴリー:

古い社宅の扉で摩耗や変形等で扉が下がってしまい

開閉が困難な状態でした、築年数も古く長く使用する予定も無いようですが

大人の男性でも開けるのが困難な状態で修理依頼を受けました。

本来でしたら金物類や取り付け部分の枠を鉄板を切って再溶接し

扉を正規の位置に持っていくのが望ましいですが、予算と工期の問題で

5mmのスペーサーを作製し対応することになりました。

現場工事が短時間で済むようにシャフト径に合わせ事前にステンレスで

旋盤にて作製し対応いたしました。

価格も工期も短くお客様には大変喜ばれました。

ワンオフ(現場合わせの一点物)は非常に高額と思っている人が多いですが

対象物によっては全体修繕より低価格で問題解決できる場合も多いです。

鉄、ステンレス、アルミなど様々な加工物や作製物にも対応が可能です。

気軽にお問合せ頂ければと思います。

 

ページトップへ