2018.11.13カテゴリー:

管理会社様より通常の鍵交換依頼で現場で交換作業完了して帰る時に

扉が「バンッ」っとものすごい勢いで閉まったので調整しようとしたが

完全にオイルが抜けきっている様で調整不可能な状態でした。

管理会社の担当者様に状態を説明して急遽交換することになりました。

手持ちのクローザーにて交換しておきました(折れ込んでたネジ部の修正も)

クローザー自体消耗品で中のオイルが漏れてきたら、もう限界です。

北風が強くなってくる季節です、小さいお子様にいらっしゃるご家庭では

手を挟まれないようにご確認を、既存の物でも調整もできるものが多いので

分らないことが御座いましたら気軽にお問い合わせください。

扉回りの不具合を感じましたら、カギのトラブル救急隊までご相談ください。

     

    

 

 

ページトップへ